カードローンの契約申し込みを行う際、個人信用情報機関の登録情報でクレジットカードの取引履歴も確認されます。クレジットカードの利用残高も実際には評価に影響してしまいます。特に注意する必要があるのが、ショッピング枠のリボ払いであり、申し込み時点で可能な限り完済してしまうのがおすすめです。
クレジットカードのリボ払いは、毎月の返済額が少なくなるという反面、カードローンと同様に利息が発生しています。毎月の返済額を最低限に抑えていた場合、元本が減らず利息だけがどんどん増えていきます。そもそも、リボ払いで適用される実質金利は、銀行カードローンの金利よりも高く設定されているため、借り入れがどんどん増えるというリスクがあります。
そこで、カードローン審査の通過率を上げるため、『リボ払いは可能な限り利用を避ける』または『一度完済を行ってしまう』ということが重要です。一見すると不便に見えますが、高額な商品を購入する際、カードローンでキャッシングを行うことで利息の抑制も可能です。現在では、クレジットカードのリボ払いで返済が出来なくなり、債務整理を行うケースが増えているため、カードローンの審査では重要視されてしまいます。