銀行カードローンの審査基準は大きく3つ!

銀行系カードローンの審査に通るためには、まず審査基準を知っておかなければなりません。銀行系カードローンでの審査基準は概ね次の通りです。

1.安定した収入がある
2.雇用形態が安定している
3.過去の返済履歴がキレイ

この3点をおさえておけば審査に通る可能性が高くなります。

ここで紹介した3点を項目だけ見てもピンと来ないと思いますので、それぞれについて詳細を説明しましょう。

  

あなたが正社員や公務員あら銀行カードローンがおすすめ!

詳細なポイントの説明に入る前に、お伝えしておくべき情報があります。あなたが、企業の正社員であったり、公務員である場合、銀行系のカードローンを申し込むことをお薦めします。

銀行系の場合、借主の属性というものが審査に大きく影響します。サラリーマンや公務員の場合、収入が安定していて、雇用状態も安定しているので、銀行としてもお金を貸したい属性の一つになります。

つまり、正社員か公務員であればそれだけで審査のハードルが下がるのです。当然その他にも満足しなければならない審査の基準がありますので、これだけで審査OKとはいきませんが、かなり有利なことは間違いありません。
  

銀行カードローンの審査に通るための3カ条!

では、改めて、銀行系カードローンの審査に通るためのポイントを説明しましょう。先ほど説明した通り以下の3点になります。

1.安定した収入がある
2.雇用形態が安定している
3.過去の返済履歴がキレイ

すごく定性的な表現になってしまっていますので、ピンと来ない方もいるでしょう。そういう方のために、もう少し詳細を説明しましょう。
  

1.安定した収入がある

まず最初のポイントは、「安定した収入がある」ということです。安定した収入とはどういうものなのでしょうか?

それは、月々決まった金額以上の収入があるということです。正社員や公務員の場合月々の給与は大体決まっていますから、正社員や公務員の方は有利になるのです。

消費者金融の場合は、パートやアルバイトでも、たとえ少額でも、毎月決まった収入があれば審査に通るのですが、銀行系の場合はそうはいきません。パートやアルバイトは収入が不安定と判断されやすいので、銀行系には不向きだといえます。
  

2.雇用形態が安定している

次に「安定した雇用形態である」という項目が挙げられます。銀行側からしてみれば無担保・無保証人でお金を貸し出すわけですから、きちんと返済してくれる可能性の高い人を選びます。

契約社員や派遣社員、パート、アルバイトといった、いつ仕事がなくなるかわからない人よりも長期に安定して働ける、正社員や公務員の方が有利になります。

正社員の場合は、勤務先の会社の経営状態も審査のポイントとなってきます。いくら正社員で雇用が保証されているといっても、経営状態が悪くいつ倒産するかわからないような勤務先の場合には、審査に通ることが厳しくなります。申し込む前に自分が所属する会社の経営状態は確認しておいたほうが良いでしょう。最近ではSNSが発達してきていますので、会社の経営状態もうわさが広まっています。悪いうわさほどすぐに拡がるものですので、もし本当に勤め先がヤバい状態にあるのなら、口コミなどに載っている可能性があります。そういった情報をチェックされることをお薦めします。或いはIR情報として外部に発信している決算短信などを見て判断するのもいいでしょう。

逆に健全な経営状態の会社の正規雇用者であれば、社会的信用度が上がりますので、審査には通りやすくなります。たいていの会社は経営状態が健全だと思いますので、正社員であれば、審査のハードルが下がります。

公務員の場合は、会社と違い倒産はありませんから、公務員というだけで信用度は上がります。
  

3.過去の返済履歴がキレイ

最後に「過去の返済履歴がキレイ」という点があります。返済履歴がきれいというのは、過去に返済の焦げ付きなどの履歴がないことを指します。つまり過去に返済事故を起こしたことがなく、ブラックリストに載っていないということが審査を蔵するための条件になっています。

ブラックリストに載ってしまう条件は概ね次の4点です。
1.度重なる返済遅れや長期にわたる滞納がある
2.代理弁済を行ったことがある
3.債務整理や自己破産といった法的手続きを行ったことがある
4.カードで強制解約を受けたことがある
これらに該当していなければ、審査基準をクリアします。万が一、過去にこのような履歴がある場合には、少なくとも5年以上経過していないとブラックリストからは外れません。心当たりのある方は、指定信用情報機関であるCICのホームページから、自分の履歴を調べてみてください。その日のうちには結果が出ますので、その結果を確認してから、カードローンの申し込みをしましょう。

ちょっと脱線気味になってしまいますが・・・
おかしな話かもしれませんが、過去に何度も借りている人の方が有利になることがあります。何度も借りていても、返済がきちんとしていれば、初めて利用する人よりも信用度が増します。貸す側も、この人には返済能力があると判断してくれるのです。

これまでにきちんと返済を続けてきたという実績が社会的信用度を高めてくれるのです。今後、2回目、3回目と使う可能性があるのであれば、きちんと返済していき、信用度を高めてください。

  

銀行カードローンなら総量規制対象外だから安心!

ここまで、銀行系のカードローンの審査基準について説明してきましたが、消費者金融とは大きな差があることに気づかれたでしょうか?消費者金融の場合は審査基準の一つに、「借入限度額が年収の1/3以下」という総量規制に対応した制約がありますが、銀行系の場合はこの制約がありません。銀行系の場合、総量規制の対象外になります。ですから、一度に高額な借り入れをしようとしても借りられます。

どうしても一度にまとまった現金が必要な場合には、銀行系のカードローンを選ぶと良いと思います。

銀行系のカードローンが、総量規制の対象外ということについては、もう一つメリットがあります。銀行系の場合、借入限度額が200万円以下であれば、収入証明が不要になります。消費者金融の場合は大体50万円以下と言うところが多いので、それに比べると4倍の金額が、収入証明なしに借りられることになります。

審査に厳しいと言われる現行系のカードローンですが、その分恩恵もあるということです。